ご希望の競馬場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競馬場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競馬場情報

競馬開催から
競走馬の研究まで行なう「JRA」とは



私たちが普段、テレビで見かけるのは「中央競馬」であり、その中央競馬を取り仕切っているのが、「JRA」と呼ばれる日本中央競馬会です。ここでは日本中央競馬会(以下、JRA)の概要を説明します。

JRAの歴史

JRAの歴史

競馬が大衆的なギャンブル・スポーツとして民衆に普及し始めた1923年、競馬に関する具体的な法律(競馬法)が定められました。この頃はいくつもの主催団体が全国に存在している状態で、各団体が自由に競馬レースを行なっていました。

1936年になると、競馬法の改正とともに、主催団体が日本競馬会に統一されます。そして、1948年に制定された新競馬法(現在の競馬法)では、競馬の主催団体が日本競馬会から国へと移行し、国営のギャンブルとして競馬が定着します。

しかし、新競馬法の制定後、国が運営することに対する批判や問題が相次いだため、1954年に再び改正され、ここで生まれたのがJRAでした。JRAは、農林水産省のもとに運営される特殊法人で、以降の中央競馬を管理・統括していくことになります。

JRAの運営する「中央競馬」とは

JRAの運営する「中央競馬」は、土日を基本に行なわれるもので、全国にある10ヵ所の競馬場(函館札幌福島新潟中山東京中京京都阪神小倉)が舞台となります。

JRAの行なう業務

JRAは、競馬の開催から関連施設の管理、競走馬の生産の研究など、様々な業務を行なっています。ここでは、その中の主なものを紹介していきます。

競馬の開催・運営、レースの施行

レースの施行や馬券の発売・払戻の管理などを行ないます。

競馬普及のためのプロモーション

その週に行なわれるビッグレースの告知やサイトの製作・管理を行ないます。また、JRAの子会社である「中央競馬ピーアールセンター」では、競馬専門雑誌『優駿』を制作しています。

競馬場以外の施設の管理

全国各地にある場外勝馬投票券発売所(ウインズ・エクセルなど)、茨城県美浦村と滋賀県栗東市にある現役競走馬用のトレーニングセンター、デビュー前の仔馬にトレーニングを施す育成牧場(北海道・日高育成牧場、宮崎県・宮崎育成牧場)などを管理しています。

騎手や調教師などの管理と育成

中央競馬の騎手のほとんどは、JRAの管理する競馬学校の卒業生です。彼らは3年間の学校生活を過ごしたあと、騎手免許試験に合格するとJRAから免許を交付されます。調教師などもJRAの実施する試験に合格することで免許を取得できます。

競走馬の育成・研究

中央競馬を主催する立場のJRAですが、競走馬の育成や研究も行ないます。例えば、デビュー前の仔馬のセリ市において、JRAが購入することも多く、それらの馬たちはJRA所有の育成牧場にてトレーニングを積みます。ただし、JRA所有のまま競走馬がデビューすることはなく、トレーニングを積まれた馬たちはデビュー前に再度セリ市に上場され、馬主たちに売られます。これらは、競走馬育成の研究という観点から行なわれています。