ご希望の競馬場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競馬場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競馬場情報

夢はダービー馬のオーナー! 馬主とは



馬主とは、競走馬のオーナーのことです。馬主には様々な形態がありますが、誰でもなれる訳ではありません。ここでは馬主について説明します。

馬主の概要

馬主の概要

1頭1頭の競走馬にはすべて「馬主」と呼ばれる所有者(オーナー)が居ます。馬主は、競走馬の維持費(えさ代や預託料)を管理したり、レースの賞金を受け取ったりします。また、所有馬の名前やレース選択、乗せる騎手や預ける厩舎(きゅうしゃ)なども馬主が決めていきます。

馬主は、デビュー前の仔馬をセリ市や牧場との直接取引(庭先取引)で購入するのが一般的です。競走馬は安くても数百万、高い馬は億を超える価格帯で取引されます。多額の費用が必要になるため、企業の社長などが馬主を務めているケースが多く見られます。

なお、自分で生産した馬をそのまま所有して競走馬デビューさせる人も居ます。そのような人は「オーナーブリーダー」と呼ばれます。

馬主の形態

ひと口に馬主と言っても、いくつかの形態が存在します。主なものを紹介します。

個人馬主
一個人が馬主として、競走馬を所有する形です。
法人馬主
会社で競走馬を所有する形です。
共同所有
1頭の競走馬を複数の馬主で所有します。事前に持ち分の比率を決め、それに基づいて賞金などが配分されます。

馬主になるには

馬主になるには条件が定められており、申請が必要です。JRAの場合は、主な条件は以下のようになります。

個人馬主
所得金額が過去2ヵ年とも1,700万円以上あり、資産の額が7,500万円以上あること。なお、競馬に従事する騎手や調教師などは馬主になれません。
法人馬主
資本金、または出資額が1,000万円以上であること。また、代表者の所得金額が過去2ヵ年とも1,700万円以上あり、資産の額が7,500万円以上あること。

一口馬主とは

上記の条件を見ても分かる通り、馬主になるには一定の所得や資産が必要になります。決して誰もが馬主になれる訳ではありませんが、最近では、「一口馬主」という形態が出てきており、一般人が馬主登録なしに競走馬のオーナーになることも増えています。

一口馬主とは、1頭の競走馬について一口数万円から始まり、数百口まで出資者を募り、その馬の稼いだ賞金や維持費を出資者で分配・負担する仕組みです。このようなシステムを運営する馬主法人は「一口馬主クラブ」と呼ばれ、近年非常に増えています。馬主の名義は一口馬主クラブの法人名になりますが、実質は出資者が所有しているため、一般人がオーナー気分を味わえるという訳です。所得などの問題で馬主登録を行なえなくても、このような形で多くの人が馬主になることができます。