ご希望の競馬場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト競馬場リサーチ

競馬場情報

競走馬にもっとも近い存在 厩務員とは



競走馬に携わるのは、馬主や騎手、そしてトレーニングを行なう調教師などが挙げられます。その中でも、もっとも競走馬と接する機会が多いのが厩務員(きゅうむいん)と言えますが、厩務員とは、いったいどのような仕事をするのでしょうか。

厩務員の概要

厩務員の概要

競走馬として登録されたサラブレットは、まず厩舎(きゅうしゃ)に所属します。厩舎とは、競走馬を管理するチームのことです。各馬はそれぞれの厩舎で過ごし、調教などを行なった上でレースに臨みます。

厩舎のリーダーは調教師で、その下に何人ものスタッフがいます。そのスタッフに含まれるのが厩務員です。

厩務員の仕事は、主に競走馬の世話です。競走馬にえさを与えたり、体を洗ったり、競走馬が暮らす小屋を掃除したりするのが主な仕事です。競走馬の身の回り全般の面倒を見る「飼育係」と言えます。

なお、厩務員は基本的に厩舎に住み込みで担当馬の世話をしています。

厩務員になるには

JRA(日本中央競馬会)の厩務員になるには、JRAの競馬学校に入学し、6ヵ月間の厩務員過程を修了する必要があります。その後、厩務員試験に合格すると厩務員の資格が与えられます。

地方競馬にも厩務員試験があり、それに合格する必要があります。なお、地方競馬教養センターにて「厩務講習生」を募集しており、こちらは必須ではありませんが、このような課程で馬の扱いを学んでから厩務員になる人が多いです。

厩務員の重要性

騎手や調教師など、競走馬にかかわる人たちの中で、最も馬との距離が近いのが厩務員です。身の回りの世話を行なうだけでなく、競走馬の体調やわずかな変化に気付けるかも重要です。担当厩務員の変更によりレース成績が落ちてしまう馬も少なくありません。

また、サラブレッドは非常にデリケートな生き物で、レースや調教により心身に負担がかかっていることも多々あります。ストレスを抱えているケースも珍しくありません。その状況の中で、厩務員がいかに馬を気持ち良く生活させるか、細かなストレスをどう取り除いてあげるかが、馬の体調に大きな影響を及ぼします。

なお、レース直前まで馬に付き添うのも厩務員であるため、これから走る馬をいかにリラックスさせるかも大切な仕事になります。他の馬や大観衆を見て興奮してしまい、レースで力を出し切れない馬も少なくありません。そのような馬たちを落ち着かせ、平常心を保たせることが厩務員の大きな役目になります。つまり、厩務員がどのようにして馬と信頼関係を築き、レースや普段の生活においてどうリラックスさせるかが、レース成績に大きくかかわるのです。