ご希望の競馬場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競馬場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競馬場情報

競馬の調教師のご紹介(4)
武田文吾さんについて



武田文吾さんは五冠馬シンザンなど、昭和の名馬を数多く管理した調教師です。彼の調教師としての経歴を振り返ります。

来歴

来歴

1907年に生まれた武田文吾さんは、わずか13歳で競馬の世界に身を投じ、やがて騎手として活躍します。騎手時代には、アズマライやニューフォードらの競走馬に乗り、菊花賞を制覇します。また、ブラウニーで1947年の桜花賞も勝利しました。

調教師免許を取得したのは1950年のことでした。それから1986年まで調教師として競馬界をけん引します。

八大競走において初めて勝利を挙げたのは開業初年度のことでした。このとき、ハイレコードにて菊花賞を制します。その後、1957年にミスオンワードで桜花賞と優駿牝馬を勝利しました。さらに1960年には、皐月賞と日本ダービーを制し二冠に輝いたコダマを輩出します。この頃には、関西を代表する調教師となっていました。

そして、1964年~1965年にかけて大活躍したのが、シンザンでした。シンザンは八大競走を5勝します。武田さんが苦労に苦労を重ねて育て上げた、競馬史に残る名馬でした。

引退までに積み上げた白星は1,277勝です。1967年と1972年に年間最多勝利調教師を獲得しました。

なお、武田さんの門下生から活躍した人も多いです。その代表として、年間最多勝利騎手に9年連続で輝いた「天才騎手」福永洋一さんが挙げられます。

シンザンについて

1963年~1965年まで現役生活を送った競走馬です。皐月賞・日本ダービー・菊花賞の三冠を制しただけでなく、天皇賞・秋と有馬記念も勝ち、五冠馬と称されたこの名馬こそ、武田文吾さんが育てた代表馬と言えます。

シンザン鉄

圧倒的とも言える実績を残したシンザンでしたが、その競走生活には多大な苦労がありました。その最たるものが、シンザンの走法です。前脚と後ろ脚の可動域が広く、踏み込みの強いシンザンは、走っている最中に自らの前脚と後ろ脚をぶつけて蹄(ひづめ)から出血するケースが見られました。蹄のケガは馬にとって致命傷にもなりかねません。そこで武田さんは、「シンザン鉄」と呼ばれる、シンザン専用の蹄鉄を用意します。

これは、後ろ脚の蹄鉄に保護のための特殊なカバーを付け、さらに前脚の蹄鉄を守るために前脚の蹄にはT字型のブリッジを溶接したものでした。その分、蹄鉄は重くなりますが、シンザンの脚力なら問題ないという判断から作られました。

猛暑対策

さらに、日本ダービーを制したあとの夏、猛暑にシンザンが苦しんだことも有名です。このときも、武田さんが馬房に氷柱を吊るしたり扇風機を回したりして、必死に暑さ対策を施したことが、秋の菊花賞制覇へとつながりました。このように、武田さんなくして、シンザンの栄光はなかったと言えます。