ご希望の競馬場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト競馬場リサーチ

競馬場情報

競走馬の育て方



競走馬は、デビューまでに長い道のりを乗り越えなければなりません。いったい、競走馬は、どのようにして育てられるのでしょう。ここでは競走馬の育て方を説明します。

生後~1歳

生後~1歳

牧場で生まれた仔馬たちは、数ヵ月間母馬と一緒に暮らしますが、早い馬はこの時期に、セリ市や直接取引で馬主が決まります。セリ市に上場される馬は、仔馬ながら脚元のつくりや歩き方を見られるため、牧場にて歩様を整えることがあります。

また、仔馬は生後数ヵ月経った時点で、母馬と引き離されます。これは仔馬の自立を促すためです。当歳(0歳)時に馬主が決まらなかった馬は、1歳のセリ市などに上場されます。

1歳~2歳春まで

2歳夏以降のデビューに向けて、競走馬は1歳から様々な教育を受けます。

馴致(じゅんち)

1歳頃から「馴致(じゅんち)」が始まります。馴致とは、競走馬に人が乗れるよう馬具に慣らしたり、人間からの指示(進む、止まる、進路変更など)を理解できるよう教え込んだりする作業です。この馴致は非常に重要で、うまく教え込まないと、競走馬になってから騎手やスタッフが扱いにくい馬になってしまいます。

具体的には、競走馬の口にかませるハミや、体に巻き付ける鞍などを少しずつ馬に慣らしながら、人が乗るための基本事項を教えていきます。

育成

馴致が終わると、次は「育成」に突入します。育成とは、トレーニングセンターで本格的な調教を行なう前の、基礎体力を付ける期間です。馴致の延長的な調教から、キャンター(小走り)や簡単な追い切りまで行なうなど、内容は様々です。2歳になると、本格的な調教を行なう馬も増えてきます。

育成の重要性は年々高まっており、近年では様々な競馬組織が育成用の大型トレーニングセンターや牧場を持っています。競走馬としてデビューしたあとも、厩舎を離れ育成用のトレーニングセンターで調教を積む馬もいます。

2歳春以降

2歳春になると、態勢の整った馬から厩舎のあるJRAのトレーニングセンターに移ります。ここからは現役馬と同じく、調教用のコースや坂路などでタイムを出しレースに備えます。

調教のタイプは2種類あり、1頭のみでコースを走ることを「単走」、複数頭で並んで走ることを「併せ馬」と呼びます。併せ馬は競走馬に闘争心や勝負根性を付けたり、逆に勝気な馬には、隣に別の馬がいてもリラックスして走れるよう教えたりする意味合いがあります。

さらに、どのくらいの強さで調教するかも重要です。全力を出させる調教を「一杯」、ムチを使わず馬のペースで走らせる調教を「馬なり」、その中間を「強め」と呼んでいます。このような調教を行なって、馬を鍛え上げていきます。

なお、競走馬はデビューするためにゲート試験を受けなければなりません。これは、スタートに使われるゲートでの馬の挙動をテストするというものです。ゲート内で暴れる、もしくは、ゲートが開いてもきちんとスタートできない馬は再審査となり、デビューはできません。そのため各厩舎では、調教を行なうと同時に、各馬にゲートでのスタートを教え込んでいきます。