ご希望の競馬場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競馬場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競馬場情報

競馬レースのご紹介(1)
フェブラリーステークスについて



フェブラリーステークスは、毎年2月に行なわれます。数々の名勝負が生まれたこのダートG1について説明します。

レースの概要

フェブラリーステークスの舞台は東京競馬場で、ダートの1,600mにて争われます。JRAが1年のうちで最初に施行するG1でもあります。競走馬の出走資格は4歳以上です。

レース自体は1984年に設立されましたが、当時はG3のフェブラリーハンデキャップで、1994年にG2のフェブラリーステークスへと昇格しました。そして1997年、JRAが施行する初のダートG1として生まれ変わりました。

ドバイワールドカップとの関連

フェブラリーステークスは、3月末に中東ドバイで行なわれる国際ドバイワールドカップの前哨戦という位置付けにもなっています。ドバイワールドカップは距離2,000mの戦いですが、使われるコースはオールウェザーと呼ばれる特殊素材で、ダート馬も積極的に目指せるレースのため、関連性が強くなっています。

フェブラリーステークスで勝ってドバイに挑んだ馬の例としては、2002年のアグネスデジタル、2006年のカネヒキリ、2008年のヴァーミリアン、2011年のトランセンドなどがいます。

コースの特徴

フェブラリーステークスの舞台となる東京競馬場のダート1,600mは、コースの形態上、スタートから約100mは芝コースの上を走り、その後ダートコースへと入る形になっています。最初の100mは各馬がダッシュをつける重要な区間であるため、ダートのチャンピオンを決めるG1において、このようなコースを使用することへの疑問も出ています。

芝G1馬の挑戦

フェブラリーステークスが行なわれる2月は、芝レースのG1が施行されない時期であり、特に1,600mの芝G1は6月の安田記念までありません。そのため、芝のG1馬がフェブラリーステークスに挑戦することが多数あります。しかも、フェブラリーステークスがダート初挑戦という馬も少なくありません。

ただし、ダート未経験でフェブラリーステークスに挑んだ芝G1馬については、そのほとんどが惨敗に終わっています。2000年のキングヘイローや2013年のカレンブラックヒルは1番人気に推される程期待されましたが、結果は13着と15着でした。ダート初挑戦でフェブラリーステークスを制するのは極めて困難です。

チャンピオンズカップとの関係

JRAが施行するダートのG1は2つで、フェブラリーステークスの他に12月のチャンピオンズカップ(1,800m/中京競馬場)があります。チャンピオンズカップは設立当初、東京競馬場の2,100mで行なわれていましたが、より出走馬を集めるため、2008年から距離を1,800mに短縮し、開催が可能な阪神競馬場に場所を移動しました。その後、海外との競馬環境の違いなどから外国馬の不出馬が続き、2014年から「チャンピオンズカップ」と名称を変更し、外国場の招待を取りやめるなどの大幅な改正が行なわれました。

チャンピオンズカップへの名称変更前となるジャパンカップダート(12月)とフェブラリーステークス(2月)の施行時期が2ヵ月しか変わらないことから、ジャパンカップダートで好走した馬が、フェブラリーステークスでも中心になる傾向がありました。