ご希望の競馬場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競馬場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競馬場情報

競馬レースに大きな影響を与える馬場状態



競馬の開催時には、必ず「馬場状態」が表示されます。この馬場状態がレースに与える影響は大きく、予想を行なう上でも重要なポイントです。以下に馬場状態を説明します。

馬場状態とは

馬場状態とは

競馬は屋外で行なわれるため、気象条件による影響を受けやすいのが特徴であり、その最たる要素が「馬場」の状態です。馬場とは競馬のコースのことで、芝のレースなら芝そのもの、ダートレースならコースの砂を指します。

馬場の状態で最も重要になるのが、芝やダートの水分含有率です。日本の場合、その状態は4段階で表わされ、水分含有率の低い方から、「良」「稍重」「重」「不良」となっています。

競馬開催時には必ず馬場の状態が発表され、不良に近づく程「馬場が悪い」、「道悪(みちわる)」などと表現されます。

馬場状態による影響

馬場の状態は、レース結果に多大な影響をもたらします。以下に説明します。

芝コース
馬場の状態が悪くなればなる程、地面がやわらかくなるため、競走馬にとっては力が必要なコースになります。レースのタイムも良馬場と不良馬場では大きな差が発生し、同じ距離でも不良馬場の場合ではタイムが数秒遅くなるのが普通です。なお、やわらかい馬場に脚をとられることを「ノメる」と言います。
また、雨で濡れた芝生は表面が滑りやすく、馬によっては全力で走れないケースも出てきます。
他の馬に比べて、馬場の悪化を苦にしない馬もおり、それらは「道悪巧者」と呼ばれます。一般的には、やわらかい馬場を力強く蹴れるパワーや、豊富なスタミナを持っている馬に多く、また、馬の蹄の形によっても変わります。
ダートコース
砂が主体のダートコースでは、馬場の状態が悪化すると芝コースとは逆の現象を見せます。つまり、水分を含むことで馬場が硬くなり、タイムが早くなります。ダートコースのレコードタイムが「重」などで頻出するのがその証拠で、道悪のダートではスピードがより問われます。
ただし、「不良」のような水分含有率がかなり高い状態になると、脚に泥がまとわりつくようになり、再びパワーが必要になります。

海外の馬場状態

日本に比べ、海外の馬場の状態は細かく表記される傾向にあります。8段階~9段階で表記する国も多く、日本以上に馬場の状態が重要なファクターと認識されているとも言えます。

海外の国の多くは、出馬登録後でもスクラッチ(出走回避)が認められています。特にヨーロッパは天候の変化が激しく、雨により馬場の状態が変わりやすいのが普通です。そのため、馬にとって苦手な馬場になると陣営はスクラッチをすることが多々あります。道悪を嫌うだけでなく、天気がよく馬場が乾き過ぎた場合も、それを理由にスクラッチする馬は珍しくありません。