ご希望の競馬場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト競馬場リサーチ

競馬場情報

競馬場のご紹介(5)東京競馬場について



東京競馬場は、日本屈指の設備とコースを誇る競馬場です。コースの特徴や、行なわれるレースなど、東京競馬場にまつわる様々な項目を紹介します。

概要

概要

東京競馬場では、多くの競馬関係者が目標とする日本ダービーや、国際招待競走として各国の一流馬が参加するジャパンカップなど、多くのビッグレースが施行されます。G1レースを数多く行なう主要四場(中山・東京・阪神京都)の中でも、特に重要度の高い競馬場と言えます。

東京都府中市にあることから、競馬ファンの間では「府中」とも呼ばれています。京王線の府中競馬正門前駅と直結しており、開催時には多くの競馬ファンで電車内が埋まります。

左回りのコースで、芝コースの一周距離は2,083.1mです。直線は525.9mと、日本屈指の規模を誇ります。ダートコースは一周距離1,899mで、直線は501.6mです。

直線入り口から残り200mまでにかけて2m程の坂が設けられているのが特徴で、最後にスタミナと底力が問われるコース設計となっています。

すべての競馬場の中でも特に芝コンディションが良く、年間を通してきれいな芝の上でレースが行なわれます。

主要レース

東京競馬場では、1年にわたり多くのG1レースが施行されます。東京競馬場で行なわれる主なレースは以下の通りです。

日本ダービー(芝2,400m)
3歳馬の頂点を決めるレースで、競馬に携わる人が目標とするタイトルです。5月下旬に施行され、レース当日は10万人以上の観客が詰めかけます。一周の距離や直線の長さ、コースの広さなどから公平なレースになりやすい舞台と認識されており、ポジション取りやスタートの枠順による有利不利が少ないのが特徴です。
ジャパンカップ(芝2,400m)
イギリスの競馬をモデルに近代競馬の歴史が始まった日本では、「世界に追い付け」というスローガンのもと、競走馬の育成に取り組んできました。その一環として作られたのがジャパンカップです。世界各国の一流馬を招待するレースで、舞台は日本ダービーと同じ東京競馬場の芝2,400mです。世界の名だたる競馬場にも引けを取らない設備を有しており、海外のホースマンからもそのクオリティを高く評価されています。

設備の美しさ

日本の競馬場の中でも特に設備が充実しており、「ギャンブル」のイメージとは程遠い建物のきれいさや景観が特徴です。コースの内側は芝生が敷き詰められた憩いのゾーンになっており、またその他のスペースも遊園地やレジャー施設に引けを取らない雰囲気となっています。

場内にはカップルや家族連れの姿も多く、競馬ビギナーが楽しめる競馬場の代表格と言えます。