ご希望の競馬場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競馬場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競馬場情報

子どもに勧めたい競馬場



未成年は馬券を買えませんが、今や競馬場では家族連れ、子ども向けの様々なイベントが開かれています。そこで、子どもも参加しやすい競馬場のイベントなどを紹介します。

子ども向けに競馬場で行なわれるイベント

子ども向けに競馬場で行なわれるイベント

子ども向けのイベントとして競馬場で開かれているのが、戦隊ヒーローなどのショーです。競馬場の敷地は広大であるため、コースから離れた場所でこのようなイベントが行なわれ、多くの子どもたちが訪れます。その日のメインとなるレースにかかわらず、競馬開催日には定期的に開かれます。

また、JRAの競馬場では、馬とのふれあいイベントも開催されています。馬車に乗ったり、サラブレッドやポニーの乗馬体験ができたりします。春先は家族連れも多くなり、これらのイベントに行列ができることも珍しくありません。

子ども向けに作られた競馬場の施設

JRAの競馬場内には、芝生の敷かれた憩いのスペースがたくさんあり、そこには子ども向けの遊具が設置されています。JRAの競馬場であれば、ほとんどこの環境が作られており、子どもの遊び場となっています。

また、遊園地にあるような大規模な遊具や、子ども向けのテレビなども設置されており、暇を持て余すことのないような環境が整えられています。

小さな子どもを連れてきた人向けにチャイルドコーナーも設けられており、授乳やおむつ交換が可能です。また、簡単なおもちゃも揃っています。

東京競馬場キッズ・クラブ
子どもたちが馬とふれあう機会を増やすことを目的とした「東京競馬場キッズ・クラブ」があります。毎年、会員となる子どもを募集し、一定期間、乗馬や馬の世話などを通して、ふれあいの機会を提供しています。
ジョッキーベイビーズ

JRAでは、2009年より子どもたちが騎手となってレースを行なう「ジョッキーベイビーズ」を開催しています。競馬場で行なわれる子ども向けイベントとして定着しています。

「ジョッキーベイビーズ」の正式名称は「全国ポニー競馬選手権」です。子どもたちがジョッキーとして愛馬のポニーにまたがり、1着を競う大会です。

年1回の大会で、まず各地区で予選会を開催します。北海道や関東、長野、九州などで実施され、代表が1名ずつ(2名の地区もあり)選出されます。

代表者は秋に行なわれる決勝に出場できます。舞台は東京競馬場で、芝コースの直線400mを使って争われます。

レースは競馬開催日の昼休みに実施します。イベントは年ごとに規模を大きくしています。JRAのホームページでは、レース後、結果をホームページに公開しています。過去には元騎手である岡部幸雄さんや、現役ジョッキーがプレゼンターを務めました。