ご希望の競馬場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト競馬場リサーチ

競馬場情報

競馬を舞台にしたゲーム



テレビゲームや携帯ゲームなどにおいて、競馬を舞台にした作品は数多く制作されています。以下に、競馬を舞台にしたゲームを紹介します。

家庭用ゲーム機

家庭用ゲーム機

昨今主流になりつつあるのは、携帯ゲーム機やスマートフォンゲーム、オンラインゲームですが、かつては様々な家庭用ゲーム機から競馬ゲームが発売されていました。

『ダービースタリオン』シリーズ
日本の競馬ゲームとして、類を見ない大ヒットを記録したゲーム作品です。1991年に第1作が発売されると、そのあとは競馬ファンだけにとどまらない大流行となりました。
ゲームの主旨は、自らが経営する牧場で繁殖牝馬と種牡馬を掛け合わせ、生産した馬を馬主として育てるというものです。現実界では生産と馬主の両方を行なうことを「オーナーブリーダー」と言い、それをゲームに当てはめています。なお、ゲーム内では日々の調教やレース選択、騎手の起用とレースでの作戦決めなど、あらゆることが行なえます。ただし、レース中に騎手の視点で馬を操縦することはできません。
開発者は薗部博之さんで、JRAの馬主としてバランスオブゲームやアブソリュートなどの重賞勝ち馬を過去に所有していました。
『ダービースタリオン』のヒットは新たな競馬ファンを作るまでに広がり、このゲームをきっかけに実際の競馬を見始めたという声は多く聞かれます。
『ダービースタリオン』を攻略する上でカギとなるのが、競走馬を生産する際の配合です。種牡馬と繁殖牝馬の血統をもとに、同じ血を持つ両親をあえて選ぶ「インブリード」、相性の良い一族を組み合せる「ニックス」などが配合の主流になりました。また、ブーム時には『ダービースタリオン』用の血統攻略本が何冊も発売されました。それ以来、これらの血統用語はファンにとって一般的なものになりました。さらに、『ダービースタリオン』のマニアだった人が、競馬の血統評論家になっているケースも見られます。
『ギャロップレーサー』シリーズ
競走馬の生産や育成に着眼した『ダービースタリオン』シリーズとは別に、騎手の視点で作られたゲームが『ギャロップレーサー』シリーズです。実在した競走馬とコンビを組み、レースの賞金を稼いでいくという内容です。レース中のポジション取りやスパートを仕掛ける位置により、その馬の発揮できる能力が変わります。
ゲームを進めるうちに登場する海外の名馬も多数おり、ヨーロッパやアメリカのレースも舞台となります。

携帯電話・スマートフォン向け競馬ゲーム

携帯電話やスマートフォン向けのゲームが普及する中で、競馬ゲームのジャンルも増えてきました。その多くは、自分で競走馬を何頭か管理し、調教を積んで育成、目標のレースに出走させるというものです。また、実在した競走馬のカードを入手して、牡牝を掛け合わせて新たな馬を生産するというコンセプトのものも見られます。