ご希望の競馬場情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

競馬用語集

競馬用語集 競馬用語集

文字サイズ

  • アルファルファ
    あるふぁるふぁ

    アルファルファ(アルファルファ)

    馬の飼料として用いられる牧草の一種。粗タンパク質を多く含み、乾燥重量あたりの栄養価が高いことから競走馬の生育に重要だとされ「牧草の王様」とも呼ばれる。別名として「ムラサキウマゴヤシ(紫馬肥やし)」「ルーサン」とも呼ばれる。マメ科ウマゴヤシ属の多年草。原産は中央アジア地域で、品種によっては寒地や暖地でも生産できるが、酸性の土壌では生産しにくい。明治時代に日本へ導入されたが、野生化している一部を除き日本での生産は定着していない。馬以外にも牛など他の家畜にも与えられるが、牛はあまりアルファルファを好まない。スプラウト(人為的に発芽した状態)で人間用のサラダに使われることも多く、1980年代には健康食品として広く知られるようになった。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の競馬場を検索できます。

ホームメイト・リサーチ イメージキャラクター

ページ
トップへ
PAGE TOP