ご希望の競馬場情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

競馬用語集

競馬用語集 競馬用語集

文字サイズ

  • 飼い葉
    かいば

    飼い葉(カイバ)

    家畜が食べる草全般を「飼い葉」と呼び、競走馬が食べるエサも同様にこう呼ぶ。競走馬は、激しい運動を行なうため、牛など他の家畜よりも栄養価の高い飼い葉が与えられている。飼い葉は、複数種類の混合で与えられ、主にえん麦、ふすま(小麦の皮)、青草、干し草など。豆類やニンジン、リンゴ、にんにく、角砂糖、ハチミツなども適度に与えられる。また、飼い葉にビタミン剤やカルシウム剤などが添加されることもある。馬は甘いものが好物(ニンジンを好むと知られているのは、ニンジンの甘みを好むため)だとされているが、摂りすぎると糖尿病になってしまう。競走馬の食事は1日3回が一般的で、摂取量は1日あたり12〜15kg程度とされる。なお水は1日に30リットル前後飲む。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の競馬場を検索できます。

ホームメイト・リサーチ イメージキャラクター

ページ
トップへ
PAGE TOP