ご希望の競馬場情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

競馬用語集

競馬用語集 競馬用語集

文字サイズ

  • 奇跡の血量
    きせきのけつりょう

    奇跡の血量(キセキノケツリョウ)

    競走馬の血統に関する言葉。「優れた競走馬が誕生しやすい」とされる血統理論のひとつで、発表者の名前にちなんで「フィッツラック繁殖説」「フィッツラックの18.75%理論」とも呼ばれる。競走馬の配合では、意図的に近親交配を行なうことで、優秀だった祖先と同様の能力を期待することが多い(これを「インブリード」と呼ぶ)。しかし、近親交配の祖先が近すぎるなどして血が濃くなりすぎると、体質に難があったり気性が荒かったりといった弊害が生まれやすい。優れた能力を持ち、弊害が少ないギリギリのバランスが18.75%であるとするのがこの理論であり、具体的には3代前と4代前に同一祖先がいた場合に、この「奇跡の血量」になるとされている。優れた血統を目指す場合には、参照すべき理論だとされているが、必ずしも名馬が生まれるとは限らない。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の競馬場を検索できます。

ホームメイト・リサーチ イメージキャラクター

ページ
トップへ
PAGE TOP