ご希望の競馬場情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

競馬用語集

競馬用語集 競馬用語集

文字サイズ

  • 三大始祖
    さんだいしそ

    三大始祖(サンダイシソ)

    競走馬のルーツとなる3頭の先祖のこと。「三大父祖」と表現することもある。現在、世界中にいるサラブレッドは、父方の血統を辿ると必ず三大始祖のいずれかに到達すると言われている。三大始祖は1680年に生まれた「バイアリーターク」、1700年に生まれた「ダーレーアラビアン」、1724年に生まれたと推定されている「ゴドルフィンアラビアン」の3頭。活躍しているサラブレッドのうち90%はダーレーアラビアンの子孫だとされており、「三大始祖」と言ってもその勢力には偏りがある。また一部では、三大始祖の父系子孫である別の3頭を「三大始祖」または「三大基礎種牡馬」と呼ぶことがある。バイアリータークの子孫ヘロド、ダーレーアラビアンの子孫エクリプス、ゴドルフィンアラビアンの子孫マッチェムの3頭がこれに該当する。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の競馬場を検索できます。

ホームメイト・リサーチ イメージキャラクター

ページ
トップへ
PAGE TOP