ご希望の競馬場情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

競馬用語集

競馬用語集 競馬用語集

文字サイズ

  • 速歩
    はやあし

    速歩(ハヤアシ)

    競走馬の歩く速度を表す言葉で、常歩(なみあし)に次いでゆっくりとした歩き方のことを指す。「ダク」や「トロット」と呼ばれることもある。なお「常歩」「速歩」「駈歩(かけあし)」「襲歩(しゅうほ)」の順に速度が速くなっていく。目安となる速度は、分速220m/m程度であるため、時速13km/h強となる。速歩の場合は通常、右前脚と左後脚、左前脚と右後脚が一組になって動く。こうした対角線で結ばれた前後の脚がセットになっている歩き方を「斜対歩」と呼び、馬は通常、こちらの走り方が自然となる。なお、右前脚と右後脚がセットになっているような歩き方を「側対歩」と呼ぶ。側対歩の方が人の乗り心地は良くなるが、通常は訓練をしなければ馬は側対歩では歩かない。また、レース中(襲歩の状態)は4ビートのリズムで走るのに対し、速歩では2ビートのゆっくりとしたリズムになる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の競馬場を検索できます。

ホームメイト・リサーチ イメージキャラクター

ページ
トップへ
PAGE TOP